あいふろいであいふろいで

スタッフボイス
Staff Voice

スタッフボイス

スタッフ集合写真

サービス管理責任者 古賀

可能性は無限大

仕事で大切にしていることは何ですか?

ご利用者様お一人お一人の悩みや希望を聞き、きちんと向き合い寄り添いながら、一緒に将来の目標設定を行い、就職に繋げられる様に笑顔でサポートしていく事を大切にしています。

メッセージ

ご利用者様が、今日は、あいふろいでへ行けてよかった。又、早く行きたいなと思ってもらえるような笑顔あふれる環境作りを大事にしたいと思っています。

就労支援員 高橋

「IT~福祉」でSDGs目標を目指す

仕事で大切にしていることは何ですか?

「何のためにするのか?」を常に考え行動するようにしています。当事業所は就労移行支援事業ということで、利用者様の就労と定着のご支援をさせてもらいます。しかし一時的な「働く」というだけではなく、利用者様やご家族様の未来作りをお手伝いさせてもらうという気持ちで日々ご支援に取り組んでおります。

メッセージ

元々私がIT企業出身ということで、福祉事業は今回が初めてとなります。しかしご支援させてもらっている利用者様、そして一緒に働いている仲間たちと切磋琢磨しながら毎日が勉強でもあり充実した日々であると言えます。今後もより良いご支援が出来るよう取り組んでいきますし、この障害者就労という分野でSDGsの目標達成にも微力ながら注力出来ますと幸いです。

職業指導員 森田

利用者様に笑顔と明るい未来を

仕事で大切にしていることは何ですか?

関係機関、就労先企業と連携をとり利用者様と共に利用者様の望む未来を目指す。

メッセージ

私は当事業所で利用者様と共に試行錯誤しながら様々な取り組みを行っています。
午前中のみ隔日の利用だった方が、10時から15時までの週5日利用ができるようになったり、小さな声で挨拶をすることがやっとだった方がグループワークで意見を取りまとめて発表している姿を見たりすることに感動と喜びを感じています。
当事業所はITスキルの向上、IT企業への就労を得意としていますが、ビジネス基礎スキルやコミュニケーションスキルの向上を図る訓練にも重点を置き、利用者様のニーズに応えることを第一に考えています。
これからも利用者様が笑顔で明るい未来を考えられるような環境とサービスを提供していくことに努めて参ります。

職業指導員 遠矢

障害のない世界に向けて

仕事で大切にしていることは何ですか?

みんな違ってみんな良い、人それぞれの特性を全ての人が持っていると思っています。時にその特性が就労の妨げになります。その特性をただ単に抑制するのではなく、就労においてどのような課題があるのかを一緒に考え、そして一緒に乗り越えていく事を大切にしています。

メッセージ

どんな人でも出来る事と出来ない事があります。できない事であっても、ある条件を満たせば就労は可能と思っています。私は視力回復の手術をしていますが、もししていなかったら車の運転どころか街もろくに歩けないでしょう。しかし、手術のように何か補完する事で何も変わらぬ生活を送る事が出来ます。私も教えてもらう事が多々あると思いますので、一緒に補い合いながら進んでいきましょう♪

生活指導員 柴田

皆で可能性に向かって進んで行きましょう。

仕事で大切にしていることは何ですか?

職員で、同じ方向を向いて支援ができるように、情報を共有しながら、支援を行うことができるようにすることを大切にしています。また、様々な方に対応できるように、自分のスキルアップも行うようにしています。

メッセージ

それぞれの困りごとに寄り添いながら、自立に向け一緒に進んでいきたいと思います。
時には手を引き、時には背中を押すこともありますが、技術を持ち、少しの支援があれば、誰にでも可能性は広がっています。
いつからでも、遅くはありません。
私たちがそばにいますので、一緒に考え成長できればと思います。

生活指導員 山本

笑顔は待つものでなく、自ら作るもの

仕事で大切にしていることは何ですか?

私は「笑っている場作り」を常に考えています。私には中学生と小学生の子供達がいます。仕事では週5日9時から18時で働いています。家庭に仕事にと日々多忙ではあるのですが、だからこそ「笑顔」を大切にしているのです。笑顔は誰かが作るものではなく、自ら作ることを大切にしています。

メッセージ

今回福祉という場所で働くことが、私としては初めてです。私の当時の福祉のイメージは「あまり明るくない場所」でした。だからこそ自ら笑顔を作り出して、私が働く事業所を笑顔で明るくしていこうと考えていました。しかし関わってみるとどの方も明るく、事業所自体も笑顔に包まれていました。皆に笑顔では負けないよう、笑顔であふれる事業所を目指します。

一人ひとりの事情に応じた一つひとつの答えがあります

障害のある方の就労において、とりわけ大切なことは
その方自身の「個性」に合わせた将来を導き出すことです。

一般化された答えはありませんので、
ご不明・ご不安な点がありました際は、まずはお気軽にご相談ください。

わたしたちが、利用者様一人ひとりの事情を熟慮した上で、最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせ・ご相談はこちら